Google このサイトを検索 WEBを検索

バークレイズ銀行法人口座開設について

現在、香港では、原則香港法人以外の法人は、法人口座の開設を拒否しており、香港法人でさえ、日本人含む外国人が代表の場合は、非常に困難になっております。そのため英国法人やセーシェル法人を先に設立し、その英国法人やセーシェル法人を香港法人の法人取締役及び法人株主に選任して香港法人を設立し、香港法人の法人口座を開設するということが増えております。なぜ、ストレートに香港法人の口座開設をしないかといいますと、第三者に香港法人の登記内容を見られたときに、すぐに真の所有者(個人)が特定されないため、というのが一番の理由になっております。

香港にもバ―クレイズ銀行の支店はありますが、平成30年3月現在、香港の支店では、法人口座の開設を受け付けておりません。よって、ロンドンもしくはセーシェルにあるバークレイズ銀行での口座開設が選択肢の1つとなっております。
直接現地の窓口に出向けば、最短で3日くらいで口座開設の許可が出ることもあるようですが、日本から遠く離れており、移動に時間もお金もかかることから、当事務所では基本的にはメールと郵送対応により、申請から開設まで4〜6ヶ月ほどかかっております。(郵送対応でも、ケースバイケースで銀行の窓口に呼ばれることもあります)

バークレイズ銀行の口座開設に必要なものとしましては、現在は以下のようなものを求められております。(事前にpdfデータで銀行に渡し、求められたらプリントアウトしたものに公証人もしくは行政書士の証明を添付して、お客様のご住所から現地に郵送します)

  1. 香港法人を含む設立した海外法人の設立時の発行書類フルセット
  2. 上記、海外法人の事業計画書(英文)
  3. 上記海外法人の代表者のパスポート
  4. 上記海外法人の代表者の国際運転免許証
  5. 上記海外法人の代表者の英文の残高証明書(住所が載っているもの)
  6. 上記海外法人の代表者が日本で経営している日本法人の会社案内や登記簿謄本とその英語訳
  7. 上記海外法人の代表者の自己紹介に相当する履歴書(職歴や現在の業務内容がわかるもの)とその英語訳
  8. その他銀行から求められたもの(英語の説明文を作成)
  • 2は、別途費用はかかりますが、ご依頼により作成を受けております。
  • 5は、銀行によっては住所表記が載りません。
  • 6,7に関しましては、お客様に作らせるよう銀行から強く指示を受けているため、作成後のチェックだけいたしますが、ご用意はお客様ご自身にお願いしております。

現在バークレイズ銀行で口座開設ができる法人の種類

  1. 英国法人
  2. 香港法人
  3. BVI法人
  4. 日本法人
  5. マカオ法人

※ 基本的には全て書面で申請を行うため、事業計画書作成代行を含め、法人口座開設費用は、100万円ほどかかります。

お問い合わせはこちらyubi2.gif