Google このサイトを検索 WEBを検索

ニュージーランド投資VISA申請

NZの起業家VISAは、事業経験や現地で雇用する人数、年齢などがポイント制となっていて、合計ポイントが120ポイント以上で申請ができ、永住権は、さらに設備投資額や英会話力を審査されて、取得できます。
しかし、別に投資家VISAというものがあり、これは投資額によっては英会話力が不問になりますので、英語が話せないが移住したい、という方にお勧めです。
概要は下記の通りです。

投資家VISAとは、定められた期間ニュージーランド国内に一定金額以上の投資を行った方が申請できるVISAです。投資家第一部門と投資家第二部門があり、投資家第一部門は必要とされる投資額が大きい反面、ニュージーランドに投資を保持しておく期間が短く、英語力や事業経験、年齢制限が無いなどの利点があります。投資家第二部門は、英語力や事業経験が必要で、本申請(申請料:0ドル)前も永住意思表明(申請料:620ドル)を移民局に提出する義務があります。投資家第一部門は、直接申請書を提出できます。

投資家第一部門
投資金額
1000万NZD以上の投資を3年間継続
事業経験
必要なし
英語力
必要なし


申請者の配偶者や扶養家族の英語力
条件なし

申請時の上限年齢
条件なし
ニュージーランドでの滞在期間
投資期間3年のうち、2年目と3年目に
年間44日以上の滞在
健康又は犯罪歴
永住権技能移民部門と同じ
投資家第二部門(申請枠年間400件)
投資金額
300万NZD以上の投資を4年間継続
事業経験
3年以上の事業経験
英語力
IELTS3.0以上(英語を主言語とした高等教育3年以上、中等教育5年以上のなどの補助基準あり)
申請者の配偶者や扶養家族の英語力
申請者と同等の証明又は英語力に応じた英語学校授業料の前納
申請時の上限年齢
65歳以下
ニュージーランドでの滞在期間
投資期間4年のうち、2年目から4年目
までは、146日以上の滞在
健康又は犯罪歴
永住権技能移民部門と同じ