Google このサイトを検索 WEBを検索

ハワイ法人設立

inu_how.gifハワイ州は、唯一、白人が過半数を割っている州と言われています。残り半数のアジア系の内、約3分の1が日系人で日本語も通じやすいため、アメリカの中で一番近い存在と言えます。

ハワイ法人を設立するメリット

  1. 日本語が通じやすいため、英語が苦手でも現地でビジネスをしやすい。
  2. 日本人向けに商売をしたい現地法人が多いので、業務提携をしやすい。
  3. 3.アメリカの法人として、グローバルな展開ができる。
株主 1名以上(国籍、居住地問わず)
取締役 1名以上(国籍、居住地問わず)
最低資本金 1ドル

会社名
会社名は、「Limited」、「Incorporated」、「Corporation」あるいは略称の「Ltd.」、「Inc.」、「Corp.」を使用します。省略形の場合は、会社名の後にカンマを入れ、会社の種類の後にピリオドが必要です。

登記上の住所
設立に当たっては登記上の住所を決めなければなりません。

株主
株主は個人でも法人でもよく、年齢、国籍、居住地を問いません。

取締役
取締役は1名以上で、年齢制限もなく非居住者でも構いません。
最低4つの役職が必要になりますが、これらは1人で兼任することもできます。

役 員
President 社長
Vice President 副社長
Treasurer 財務担当役員
Secretary 総務担当役員(秘書役)


資本金
最低資本金は1ドル。ハワイでの法人口座開設や就労ビザの取得を考えると1000ドル以上が望ましいです。

海外法人設立の流れ
会社名(商号)の決定

ハワイで設立する会社名を決定します。

「○○○LIMITED」など、となります。類似の商号がないかを登記所にて確かめます。

定款の作成

定款の内容となる資本金額の決定、株主の選定、取締役の選定、本店所在地、業務内容を決定します。


設立申請

登記所に設立申請を行います。
必要とされる申請書類一式を提出し、登録手数料を支払います。


書類の発行

設立完了後、GE TAX取得


ハワイ会社設立時に決定していただく事項

  • 会社名
  • 株主−複数の場合、個々に保有する株数も
  • 資本金−最低資本金1ドルで設立できます
  • 取締役−1人以上
  • 事業内容
  • 本店所在地−ハワイに住所がない場合は、年間登記住所貸与サービスをご利用下さい
  • 会計年度(決算月)−通常12月
  • 銀行口座開設の有無

ご用意いただく物

  • 株主及び取締役となる方のパスポート
  • 株主及び取締役となる方の住所のわかる物
    • 公共料金又はクレジットカードの明細の写し
    • 英文の残高証明書6ヶ月分以上(6枚以上)
    • 運転免許証の写し

価格

サービス内容 価格
法人設立費用
・商号調査
・定款の作成
・現地の登記住所賃貸料(年間)
・ビジネスライセンス取得の必要性調査
17万2千円
・登録免許税 6千円
・タックスID番号取得 3万3千円
合計 21万1千円


オプション

サービス内容 価格
法人口座開設※1 5万円
エクスプレスサービス※2 1万7千円

初年度のオプションを加えた設立費用合計額は27万8千円となります。

※1
法人口座を開設するためには、社長が金融機関(ネバダ州ラスベカスのWells Fargo銀行)に行く必要があります。
※2
ハワイ州政府に追加料金を払うことで、申請日から3営業日以内(繁忙期でなければ翌日)に登記が完了いたします(約1週間弱の短縮)。


法人登記維持(毎年更新)
2年目以降、法人を維持するのには法人維持費用が必要となります。

サービス内容 価格
法人更新費用
・更新手続き
・現地の登記住所賃貸料(年間)
5万3千円
合計 5万3千円

◆ 決算申告・納税手続き 7万円〜
※ 詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

外国法人日本支店設立はこちら

お問い合わせはこちらyubi2.gif

ハワイ法人閉鎖費用

内訳 価格
・ハワイ法人閉鎖手続き一式
・登録免許税(ハワイ)
6万円
3千100円
合計 6万3千100円


ハワイ法人閉鎖時申告費用(下記から選択)

サービス内訳 価格
資本金払込み前及び売上ゼロ 無料
閉鎖時申告売上ゼロ(資本金払込み後) 3万円
売上あり 会計士ご紹介

 

※ 閉鎖時の申告費用は売り上げなどによります。
※ 他社設立のハワイ法人閉鎖も承ります。

 

外国法人日本支店閉鎖はこちら

お問い合わせはこちらyubi2.gif