Google このサイトを検索 WEBを検索

海外法人の銀行口座開設

海外の会社と取引をする場合、バンクレファレンス・レターを求められることがあります。主に銀行口座、証券口座を開く際に言われるようです。日本語にすると「銀行信用紹介状」という訳が近いと思いますが、日本の金融機関では発行されません。しかし、海外の金融機関の多くは有料ですが発行されますので、海外法人を設立する場合は、特に海外の金融機関の法人口座開設は必要だと思います。

開設手続き可能金融機関

  1. HSBC 香港銀行(原則窓口審査、現在は香港法人のみ開設)
  2. HANG SENG銀行(原則窓口審査)
    -HSBCの子会社の銀行で、HSBCより通りやすいです
  3. BMI銀行(郵送対応のみ。開設まで3〜6ヶ月かかります)
  4. バークレイズ銀行セーシェル支店(郵送対応のみ。開設まで3〜6ヶ月かかります)

HSBC香港銀行のメリット

  1. 規模が大きく格付けも高いので信用不安が少ない
  2. マルチカレンシー対応(1つの口座で複数の通貨を維持できる口座)
  3. 法人口座には投資口座が付いている
  4. 法人口座の維持費用が少ない(残高25000香港ドル以下で月間25香港ドル)

HSBC香港銀行のデメリット

  1. メールサポート及びネットバンキングが英語もしくは中国語
  2. 電話対応が英語
  3. メールサポートが有料(1通ごとに1香港ドルかかります)
  4. 定期的にログインしないと口座が凍結される恐れあり
  5. システムがよく変わる

法人口座開設の審査でご用意いただく物

  1. 株主及び取締役のパスポート
  2. 株主及び取締役の国際運転免許証
  3. 株主及び取締役の英文の残高証明書6ヶ月分6枚以上(日本の銀行で発行)
  4. 残高証明書の通帳原本
  5. 事業計画書及び設立後1〜3年の収支計画書(英語、日本語)
  6. 海外法人のビジネスに関する契約書など
  7. 海外法人のビジネスに関する発注書(商品、材料などの名称、数量を明記)
  8. 設立した海外法人の名刺
  9. 入国カード-正規のルートで入国した証明(税関で受け取るもの。無いと審査を断られることもあり)
  10. 領収書(日本の文具店で販売している普通のもので可)
    以下はまだ無くても大丈夫だが、今後求められる可能性のあるもの
  11. 取締役の職歴のわかる書面(英文でA4サイズ1枚)
  12. 取締役の学歴のわかる書面(英文でA4サイズ1枚)
  13. 取締役の履歴書(英文でA4サイズ2枚くらい)
  14. 取締役の過去の仕事経験を証明できる書類等(英文でA4サイズ1枚)
    例:採用通知書の英訳
      辞令の英訳

法人口座開設の審査のときは、スーツにネクタイ着用で来ていただきます。

価格(海外法人設立とセット)

サービス内容 価格
HSBC銀行口座開設

5万円

法人口座開設後に銀行から受け取る書類等のサンプル

現在香港の銀行は、香港法人以外の法人口座開設は、原則拒否しております。
法人口座開設のみの場合は、お問い合わせ下さい。
HSBC銀行は、現在は窓口に行くか、TV電話(スカイプ等)を利用して専門の弁護士又は会計士の面前で質疑応答及び書類にサインをしないと口座開設できません。TV電話(スカイプ等)の場合は、別途弁護士や会計士の報酬(8万円〜)がかかります。

香港の法人口座比較(平成27年12月現在)

◆ 当事務所で開設できる香港の法人口座(銀行)

  1. HSBC
  2. Hang Seng
  3. Bank of China(香港法人限定)
  4. Standerd Chartererd(香港法人限定)

◆ 各銀行の法人口座の初回の入金額 ※

  1. HSBC---15000HKD以上
  2. Hang Seng---15000HKD以上
  3. Bank of China(香港法人限定) ---15000HKD以上
  4. Standerd Chartererd(香港法人限定)---15000HKD以上

◆ 各銀行の法人口座の維持管理費のかからない残高

  1. HSBC---55000HKD以上
  2. Hang Seng---55000HKD以上
  3. Bank of China(香港法人限定) ---100000HKD以上
  4. Standerd Chartererd(香港法人限定)---100000HKD以上

※ 最近は、日本人でも開設許可が即日出ないため、現金のご用意ではなく、VISA又はMASATERのクレジットカードをご用意いただきます。ちなみにJCBやAMEXはNGのようです。

事業計画書

現在、海外の銀行で法人口座を開設する場合、事業計画書の作成を求められます。ひとまずは日本語でも構いませんが、可能であれば英語で作成してください。

内容としましては、

  1. 事業毎の詳しい事業内容
  2. 設立後1〜3年間の収支予測
  3. (取引先が決まっていれば)取引先のデータと取引先毎の売上予測

を記載することになります。

■ 審査に通りにくい事業内容

  1. 資産運用系の事業(即、審査に落ちます)
  2. 環境分野の事業(中国の環境問題に関係する内容に金融機関は敏感です)
  3. コンサルティング事業(銀行が厳しい目でチェックします)

■ 審査に通りやすい事業内容

  1. 貿易業(香港経由で商品やサービスを扱う事業内容にしていただくと、HSBC香港で口座開設する理由に信憑性が増します)
  2. IT関連分野

日本で銀行から融資を受けるときに作成する事業計画書を想定していただければ一番近いと思います。
また、資産運用会社の法人口座開設は絶対審査に落ちますので、例えそうでも、別の事業を想定した計画書の作成が必要です。それから、事業計画書は任意書式なので、参考書類はこちらで(英文・日本語とも)用意できますが、雛形はありません。会社の個性を出すこともプラスの評価になるので、会社独自に作成していただいた方が、審査担当の心証には良いです。

銀行手続きサポート業務

当事務所では、以下の香港の金融機関に対し、次の手続きのサポートができます。

手続きが可能な銀行

  • HSBC香港
  • Hang Seng銀行
  • 中国銀行
  • Citi Bank 香港
  • Standard Charterd Bank

個人口座の解約
配偶者の死亡により相続手続きが発生した場合、香港の弁護士を通じて、正規の相続手続きを行いますと、金融機関の手数料や香港の裁判所に申請する弁護士の費用で合計200万円以上かかったり、日本人も香港では外国人であるため、手続き完了までに1〜2年かかることもあります。しかし、夫婦の共同名義などの場合、通常の解約手続きを行うことで、期間や手数料の節約を図ることができます。(ただし、単独名義の口座のときは、通常の相続手続きしかできない場合もありますので、夫婦又は親子の共同名義への変更をお勧めいたします。)

解約手続きの際、ご用意いただく物は以下のとおりです。

  • (あれば)口座開設した当時のパスポートpdf
  • 最新のパスポートpdf
  • キャッシュカードpdf
  • 最新の銀行の明細pdf

※鮮明な画像でない場合、取り直していただく場合がございます。

解約手続きに必要なpdfの入手及びお客様からの着手金のお振込み確認後、サインをしていただく書類を発送します。
費用

サービス内容 価 格
銀行口座解約手続き 41万円

残高分の小切手を発行して、口座を0HKDにすると3ヶ月ほどで口座は自動的に閉鎖されます。

法人口座クレジットカード発行(HSBC香港及びHang Seng銀行)
法人口座の開設後、1〜2ヶ月以上経ってからになりますが、銀行に申請することで、マスターカードの発行が可能となります。その際、担保金として2万HKD以上のお金を金融機関に預けます(法人口座に入金するわけではありません)。また、2枚以上発行することも可能ですが、その都度、担保金が必要になります。
なお、2枚目は1枚目発行から1ヶ月以上経過しないと申請が出来ません。

費用

サービス内容 価 格
クレジットカード発行手続き 10万円


法人デビッドカード発行(HSBC香港及びHang Seng銀行)
当事務所では、クレジットカードのほかにデビッドカードの発行申請も可能です。担保金も必要ですが、クレジットカードとは違い1万HKDで済みますし、1枚目は法人口座開設時に発行申請をしておくことができます(クレジットカードの申請は、口座開設から1ヶ月以上経ってから申請)。1枚目は通常銀聯カードを発行しますが、ヨーロッパでは買い物などで利用できないので、2枚目は、PLUSカード(現時点はHSBC香港のみ)を発行します。2枚目は、1枚目発行から1ヶ月以上経過してからの申請となります。

費用

サービス内容 価 格
デビッドカード発行手続き 8万円

 

お問い合わせはこちらyubi2.gif